毎月2週目の土曜日の朝5時。
釣竿と小説を愛車に積み込み湘南国際村へ向かう。
月に一度の自分へのご褒美である
「自分だけの」至福の時がはじまる。
港に到着したらすぐに久留和海岸でスズキを狙う
ゲームフィッシングに没頭。
日が暮れ始めたら、釣りグッズを愛車バイク・
モンキーに積込み湘南国際村のセカンドハウスへ。

非日常の至福

今日は一人時間を満喫する日なので、
妻がいつもは聴かない
チャーリーパーカーのレコードを、
いつもより大きな音量で聞き耽りながら、
1994年物のシャトー・シャススプーンの
封を空ける。
心地よいジャズを聴きながら、
お気に入りの小説を読んでいると、
気分はヘミングウェイだ。

五感の高揚

蜩の鳴き声が聞こえ始め、
朝夕の風が涼しくなりはじめた9月下旬。
今日は主人は家にいてもらい、
私の女友達だけで湘南国際村の
セカンドハウスで泊まりの女子会。
都心から近いので友達も気軽に来られるようだ。

気づけば秋園

女子会の料理は、行きつけのレストラン
「ラ・プラージュ」のマスターに任せて、
葉山産の野菜やお魚を使った
オードブルテイクアウト。
普段家事に忙しい私たち、
今日はおしゃべりに集中する。
会話のお供には、ここで私が造った
葉山さんの果物を漬け込んだ
「自家製果実酒」を皆に振舞う。
気兼ねない友達だけでの、
楽しい夜の宴は終わらない。

なでしこ晩餐会

夫婦仲の秘訣は、私時間。